2010年03月27日

大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県(医療介護CBニュース)

 岐阜県は3月26日、後発品大手の大洋薬品工業(本社=名古屋市)の高山工場(岐阜県高山市)に対し、薬事法に基づく業務停止命令を出した。期間は同日から4月3日までの9日間。

 同工場は、調合ミスにより承認規格外の製品(「ガスポートD錠20ミリグラム」2ロット分280万錠)を製造、出荷した。「出荷判定試験時に、他のロットのサンプルが意図的に品質部門に提出され、試験が行われていたため、逸脱が判明することなく、市場に出荷された」(岐阜県)という。同社は昨年9月末―10月末に自主回収を行ったが、回収できたのは16%程度にとどまった。「健康被害の発生の報告は、県等に寄せられていない」(同)という。

 岐阜県の担当者は「製造ラインの責任者が、ひょっとすると間違えたかもしれないと思い、品質管理部門へ出す検査品を別ロットから持って行った。組織的な関与はないと思っている」と話している。

 一方、後発品メーカーで組織する日本ジェネリック製薬協会(JGA)は、大洋薬品に対する行政処分の内容が確定したことを受け、JGAとしての処分内容を決め、週明けに発表する。


【関連記事】
新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県
国内後発品大手3社は大幅な増収増益
「テチプリン静注液40mg」の一部製品を自主回収―大洋薬品工業
新たな後発品を続々発売−薬価収載でメーカー各社

<温室ガス>環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに(毎日新聞)
ほかの駅でもケーブル点検=埼京線などの停電トラブル(時事通信)
小沢氏、自身の訪米「まだ具体的になっていない」(産経新聞)
承認内容の見直しなど要求―薬害イレッサ原告・弁護団(医療介護CBニュース)
福祉用具の利用状況確認のための自主基準開発―専門相談員協会(医療介護CBニュース)
posted by イマイズミ マサヒロ at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

「車上狙いから帰らない」と110番…遺体発見(読売新聞)

 25日午前7時25分頃、大阪市西区南堀江のマンションに併設された立体駐車場(18階建て)の1階の路面に血痕があるのを、住民の男性が見つけ、110番。

 駆けつけた西署員が、1階に止まっていた車両移動用の昇降機の下で、40歳前後の男性が血まみれで倒れているのを発見した。

 発表によると、男性は赤と黒の色が入ったパーカを着ていた。この男性が履いていたとみられるジーンズが昇降機の部品に引っかかっており、同署は男性が昇降機に巻き込まれるなどして死亡したとみている。また、駐車車両のうち1台のドアがこじ開けられ、現金2000円が盗まれていたという。

 遺体発見の約1時間前、公衆電話から男から匿名で、この駐車場を指定したうえで、「連れの男が車上狙いに行ったまま、帰ってこない」と110番があり、同署は関連を調べている。

重傷の近大生が卒業=福知山線事故の経験訴え出版も−大阪(時事通信)
「いわき絵のぼり」製作がピーク=福島県いわき市〔地域〕(時事通信)
DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)
不正経理問題で1700人超処分=知事は減給−神奈川県(時事通信)
「私の組織で抹殺します」 部下脅迫の疑い、大和市職員逮捕(産経新聞)
posted by イマイズミ マサヒロ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

「密約でないというのは誤認」…西山太吉氏(読売新聞)

 衆院外務委員会(鈴木宗男委員長)は19日午前、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関する外務省の有識者委員会報告を受け、関係者4人から参考人質疑を行った。このうち、元毎日新聞記者で沖縄返還時の米軍用地の原状回復補償費をめぐる「密約」を報じた西山太吉氏は、沖縄返還をめぐって当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領が交わした「合意議事録」を有識者委員会が「密約でない」と認定したことについて、「誤認」だと異論を唱えた。

 参考人は、西山氏のほか、斉藤邦彦・元外務次官、東郷和彦・元外務省条約局長、大平正芳外相秘書官で大蔵省時代に原状回復費の算定にもかかわった森田一・元運輸相。

 西山氏は「合意議事録」に対する有識者委の判断を「誤認で、むしろ少数意見だ」と断じた。「米側は、日米トップが実名で署名した文書は絶対に揺るがすことのできない両政府の合意事項と認識している。引き継ぎがないから密約ではないというのは、学者の概念として全く間違っている」と批判した。

 斉藤氏は有識者委が日米に暗黙の合意があったとして「広義の密約」と認定した1960年の日米安全保障条約改定時の核持ち込みについては、「日本と米国の間に了解の差が存在していると思っていた」と述べ、密約性を認めた。

 東郷氏は条約局長だった98年〜99年に核持ち込みの「密約」に関連する58点の文書をファイル5冊にまとめて文書のリストを作成し、後任の谷内正太郎条約局長(前外務次官)と藤崎一郎北米局長(現駐米大使)に引き継いだことを明らかにした。東郷氏はリストで16点を重要文書としたが、外務省が有識者委報告と同時に公表した関連文書では8点しか確認できなかったとし、「外務省の内情を知る人から(2001年の)情報公開法施行を前に破棄されたと聞いた」と証言した。また、破棄の権限が局長にあったと述べた。

 森田氏は、米国が核艦船の寄港は日米安保条約の定める事前協議の対象外とする認識を日本側に伝えたとされる1963年の大平外相とライシャワー駐日大使の会談後、大平氏が「イントロダクション(持ち込み)」とつぶやいていたことなどを証言した。

 鈴木委員長によると、今回の人選では各党が推薦した関係者の中から日程の都合がついた4人が選ばれた。近く2回目の参考人質疑を行う見通しだ。

<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
岡田外相がゲーツ米国防長官と会談へ(産経新聞)
橋下知事「東京には行きたくない」(産経新聞)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)
<裁判員裁判>集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決(毎日新聞)
posted by イマイズミ マサヒロ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。