2010年05月27日

口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)

 口蹄疫(こうていえき)問題で、宮崎県は22日、避難させた種牛6頭のうち感染疑いと確認された1頭は、精液の供給量が最も多い最上級種牛「忠富士(ただふじ)」だったことを明らかにし、殺処分にした。残り5頭は、宮崎牛ブランドを支える種牛を守るための例外措置で約1週間の経過観察としている。

 一方、政府の現地対策本部と宮崎県は同日、発生農家から半径10キロ圏内の牛や豚全頭を対象とするワクチン接種を開始。農林水産省によると接種対象は約16万頭に上る。ワクチン使用は国内初で、接種後は全頭を殺処分する。

 残りの種牛5頭が発症するなどして殺処分となれば、畜産王国は大きな危機を迎える。宮崎産の子牛は佐賀や三重などブランド牛生産地に出荷されており、各地への影響も必至だ。

 東国原英夫知事は、県家畜改良事業団(高鍋町)が管理する種牛49頭の殺処分を見直し、救済を国に要請する考えを明らかにしたが、現地対策本部の山田正彦農林水産副大臣は「認めていいとは思っていない」との見解を示した。

 同事業団は種牛計55頭を一元管理していたが、口蹄疫拡大を受け、県は精液提供の9割を担う6頭を13日に西都市に避難させた。15日に同事業団で肥育牛に疑い例が出たため、事業団の49頭は殺処分が決まった。県によると、これまで49頭に症状は出ていない。

 22日の県の発表によると、忠富士を含め県内12カ所で牛と豚が新たに感染疑いとなり、被害地域は西都市と木城町を合わせ2市5町に拡大した。

ビルからコンクリ落下、女性けが=JR池袋東口―東京(時事通信)
同時改定の焦点は「地域完結の24時間支援システム」―民主・山崎議員(医療介護CBニュース)
給食費滞納減少の切り札に? 子ども手当と同一口座(産経新聞)
和歌山「正論」懇話会 木村汎氏講演「北方領土、正当性主張を」(産経新聞)
全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
posted by イマイズミ マサヒロ at 16:36| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。