2010年05月11日

点滴異物注入、母親初公判=「間違いない」と起訴内容認める−京都(時事通信)

 入院していた自分の幼い娘3人の点滴に水道水などを注入し死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)の裁判員裁判の初公判が10日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。高木被告は、四女に対する一部の注入を除き「間違いない」と述べ、大筋で起訴内容を認めた。
 高木被告は起訴前の精神鑑定で、子どもを傷つける一方、献身的看病で周囲の同情を引こうとする「代理ミュンヒハウゼン症候群」と診断された。判決までの公判、評議日程は裁判員裁判で最長の計9日間。難解な医学用語を裁判員が理解し、量刑にどう反映させるか注目される。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
耳かき店女性殺害で精神鑑定=弁護側が請求
足利事件「真剣に再発防止検討」=裁判員裁判、早い審理開始を
殺人で元解体工少年を起訴=石巻3人殺傷
元警官に懲役14年=裁判員判決、女性7人に暴行

<事故>「花見せたい」…61歳娘の車転落 95歳母も死亡(毎日新聞)
花田勝氏設立のちゃんこ店破産=負債約5億円−帝国データ(時事通信)
「母子多く救われたが…」赤ちゃんポスト3年(読売新聞)
<不明>奈良・大峰山系で63歳男性 ヘリでも発見できず(毎日新聞)
教諭殺害 駐車場に大量血痕 待ち伏せされ襲われる?(産経新聞)
posted by イマイズミ マサヒロ at 21:16| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。